Windows ターミナルで SSH 接続する方法

Windows でコマンドを実行する際には、Windows ターミナルを使用されている方も多いと思います。 とても便利なツールですので、まだ使用されていない方には是非ともオススメしたいツールです。 最近になって気付いたのですが、Windows ターミナルと Windows 10 から搭載されることになった ssh コマンド(OpenSSH)を組み合わせると、 Tera Term、PuTTY、Poderosa、RLogin などのターミナルエミュレーターを Windows にインストールする必要が無くなります。

SSH コマンド

まずは、Windows 10 で使用可能になった ssh コマンドです。 Linux を使用している方には、おなじみのコマンドかもしれません。 この ssh コマンドをコマンド プロンプトなどで入力すると SSH 接続できます。 試してみてください。

書式
ssh <ユーザー名>@<接続先のホスト>
例:「hoge」ユーザーで「example.com」に接続する場合
ssh hoge@example.com

ポート番号を指定する

SSH のデフォルトのポート番号は「22」ですが、接続先で変更されている場合は、ポート番号を指定する必要があります。 ポート番号を指定するには -p オプションを使用します。

書式
ssh -p <ポート番号> <ユーザー名>@<接続先のホスト>
例:「hoge」ユーザーで「example.com」のポート番号「2222」に接続する場合
ssh -p 2222 hoge@example.com

秘密鍵を指定する

SSH の接続に公開鍵認証を使用している場合は、秘密鍵を指定する必要があります。 秘密鍵を指定するには -i オプションを使用します。

書式
ssh -i <秘密鍵ファイルのパス> <ユーザー名>@<接続先のホスト>
例:「hoge」ユーザーで「example.com」に接続、
秘密鍵ファイル「C:\Users\Test\.ssh\id_rsa」を使用する場合
ssh -i "C:\Users\Test\.ssh\id_rsa" hoge@example.com

SSH 接続用のプロファイルを作成する

ssh コマンドを使用すれば、コマンド プロンプトなどから SSH 接続できることはわかったと思います。 しかしながら、毎回毎回、接続先の情報を入力するのは面倒ですね。 そこで、ssh コマンドを Windows ターミナルにプロファイルとして登録します。 プロファイルとして登録することで、接続先の情報を毎回入力する必要が無くなります。

SSH 接続用のプロファイルを作成するには、既存の「コマンド プロンプト」などの使用したいプロファイルをコピーして、 そのプロファイルの「コマンド ライン」項目の値を、実行したい ssh コマンドに変更します。

必要な作業はこれだけです。

Windows ターミナルの使い方がわからない方は「Windows ターミナルの使い方」を参照してください。

commandline.png

上級者向け補足1:開始ディレクトリを指定する

SSH ログイン後の開始ディレクトリを指定したい場合は、ssh コマンドを下記のように変更して、Windows ターミナルのプロファイルに登録すると良いでしょう。 ssh コマンドに -t オプションが必要になるので、忘れずに指定してください。 使用するログインシェルは bashcsh など、お好みに合わせて指定してください。

書式
ssh -t <ユーザー名>@<接続先のホスト> "cd <開始ディレクトリ> && exec <ログインシェル>"

bash を使用する場合

bash を使用する場合は、ログインシェルに bash -l を指定します。

例:「hoge」ユーザーで「example.com」に接続、
開始ディレクトリを「~/www」として、ログインシェルに bash を使用する場合
ssh -t hoge@example.com "cd ~/www && exec bash -l"

csh を使用する場合

csh を使用する場合は、ログインシェルに csh -l を指定します。

例:「hoge」ユーザーで「example.com」に接続、
開始ディレクトリを「~/www」として、ログインシェルに csh を使用する場合
ssh -t hoge@example.com "cd ~/www && exec csh -l"
commandline2.png

上級者向け補足2:プロファイルの表示順を変更する

現在の Windows ターミナルでは、プロファイルの表示順は画面上では変更できません。 しかしながら、メニューの左下にある「JSON ファイルを開く」から、開いた JSON ファイルを編集するとプロファイルの表示順を変更することができます。 プロファイルの一覧は、開いた JSON ファイルの「profiles > list」に登録されています。

json.png

参考サイト

関連記事

Windows では、コマンドプロンプト、Windows PowerShell、WSL(Windows Subsystem for Linux)、Git Bash などのコマンドラインツールがいくつかあります。それらのアプリが増えてきてしまい、タスクバーがとっちらかってしまっている方もいると思います。そんな場合に便利な ...
Windows で開発している際、動作確認のために Linux のプログラムやコマンドを動かしたいなと思うことがあります。そんな場合に便利なのが WSL(Windows Subsystem for Linux)です。WSL(Windows Subsystem for Linux)とは?WSL(Windows Subsy ...

記事検索

最新記事

人気記事

RSSフィード

お知らせ

  • 2022/11/24 NEW
    ツールに「QRコードジェネレーター」を追加しました。
    任意のテキストからQRコードを生成します。絵文字なども使用できます。
    長いURLや大量のテキストを入力するのが面倒な場合などにお使いください。
  • 2022/11/23 NEW
    ツールに「くじ引き・抽選ツール」を追加しました。
    任意のリストの中からくじ引き(抽選)を行います。
    順番決めやグループ分け(チーム分け)も行うことができます。
  • 2022/11/01
    ツール「ターミナルAAジェネレーター」「ブラウザコンソールAAジェネレーター」「IDN 変換ツール」「uuencode / uudecode ツール」の公開を終了しました。
  • 2022/10/02
    ツールに「テキスト画像ジェネレーター」を追加しました。
    任意のテキストを画像に変換します。
    AA(アスキーアート)や絵文字などをそのまま画像化することができます。
  • 2022/09/30
    ツール「巨大文字AAジェネレーター」と「点字AAジェネレーター」に、「この結果を画像に変換する」を追加しました。
    生成したAAをテキストから画像に変換できます。